アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「趣味」のブログ記事

みんなの「趣味」ブログ

タイトル 日 時
私の好きな芸談 〈六代目 三遊亭圓生〉
趣味の話で申しわけありませんが、ちょっと落語家さんの芸談というか、芸にまつわるエピソードをご紹介してみたいと思います。 私はこの「芸談」というやつが好きで、よく読んだり聞いたりしています。小説だって「文芸」というくらいですから、芸のうちには違いない。それも話芸とはかなり親和性があるはずですから、名人と呼ばれた師匠方の芸談には、小説の創作にも通じるところが多々あると思うのです。 で、今回は六代目三遊亭圓生のエピソード。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/06 11:56
柏木由紀さんの「火山灰」
全国のAKB48ファンのみなさん、とりわけ柏木由紀さんのファンのみなさん、私は認識を誤っておりました。申し訳ありません。今後は、知りもしないくせに、アイドルというだけで、どうせ下手くそなんだろう、と決めつけたりはけっしていたしません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 75 / トラックバック 0 / コメント 19

2013/11/23 17:34
BS―J 「いまどき落語」公開録画 
10月からBS―Jで「いまどき落語」という番組が始まります。30分枠らしいのですが、その第1回の公開録画が20日の夜、浅草演芸ホール4階の東洋館でありました。久しぶりにナマの高座が聴けるというので、台風接近中の雨模様もものかは、行って参りました。いや、やっぱりライブは違いますな。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 2

2011/10/01 12:40
森昌子コンサート IN大田区民ホールアプリコ
ふたたび行って参りました、森昌子さんのコンサート「昭和歌謡史」。 今回のコンサートは、じつは3月16日にところも同じ大田区民ホールアプリコで予定されていたものですが、ごぞんじのようにその直前の3月11日、あの東日本大震災という緊急事態が発生します。とてもコンサートは無理という雰囲気のなかで5月26日への延期が決まり、この日、晴れて昼夜2回の公演となりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 38 / トラックバック 1 / コメント 6

2011/05/28 06:14
映画「ウォールストリート」と本にまつわる雑談
長い仕事がひと段落ついたので、休暇中です。 家では「いつも休んでるみたいなものなのに」と非難がましく言われていますが、そんなこたアない。ぶらぶら怠けているように見えても、深夜、ひとの目のないところではせっせと働いているんですから…って、あんたドロボーかよ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/03/01 21:11
森昌子コンサートin日比谷
8月26日、都心でも35℃を超えるという猛暑のなか、行って参りました「日比谷公会堂80周年記念・森昌子コンサート」。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 36 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/08/27 16:23
BGMを森昌子カバー集に替えてみた
酒井法子、三遊亭円楽につづいて、今度は森昌子。芸能ネタ・ブログに転向したんですか、と言われそうですが、そうではありません。これはあくまで、たまたま。だいたい、私は芸能ネタに疎いので、いつも人に笑われているほうなんです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 7

2010/03/30 14:34
映画「シャネル&ストラヴィンスキー」
銀座4丁目にあるシネスイッチで2月末現在公開中の「シャネル&ストラヴィンスキー」を見てきました。 このシネスイッチという映画館は演し物の選び方になかなか個性があって、女性に人気があります。和光のすぐ後ろ、聖書館の裏という立地からしておしゃれですが、広さもほどほどで、座席の座り心地、音響効果などもまずまずよいほうでしょう。銀座で時間つぶしにちょっと映画でも、というときには重宝なところです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/24 15:16
少年マガジンとサンデー、ついでにジャンプ
マガジンとサンデー、創刊五十周年だそうだね。おめでとう。  少年誌だからって、おじさん目線で上手からものを言ってるわけじゃないですよ。なんたって、マガジンとサンデーより、私のほうがちょっと年上ですから。  …とはいうものの、1959年、昭和34年というと、まだマンが雑誌を日常的に読むような年齢には達していなかったせいか、両誌の創刊についての記憶はありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2009/03/27 01:07
「風のガーデン」にまつわる、どうでもいい話
テレビドラマはめったに見ない私ですが、この作品だけは楽しみにして見ていました。ひさびさにオトナが見るに値する、いいドラマでしたね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/27 20:28
「悪役・朝青龍」を考える
服用しているクスリの副作用が出てきてまして、とにかくダルい。何もしたくない。暇さえあれば横になっていたい。でも手術に備えて肺活量を増大するトレーニング、体力づくりを医師から指示されてるもんだから、寝てもいられない。てなわけで、今日のテーマは大相撲です。…って、前フリとテーマがな〜んもつながっとらんじゃないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/02 13:13
老いても美しい。オリビア・ニュートン=ジョン
自分のお小遣いで、最初に買ったミステリーって、憶えてますか?私の場合は記憶がちょっとあいまいなんですが、たぶん『シャーロック・ホームズの冒険』だったと思います。延原謙さんの訳だったと思うので、新潮文庫でしょうか。…まあ、その話はまたいずれ、ということで、では最初に買ったレコードは? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/22 12:27
正統性ということ―相撲とミステリー
このS崎さんというご老人は、かれこれ50年も大相撲を見続けているのだそうです。何であれ半世紀も興味を持って見ていれば、ある程度わかるようになりますよ、と言われますが、なにしろ栃若時代の勃興期から知っているというのだから、とにかくすごい。といっても、若い人にはちんぷんかんぷんでしょうけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/10 05:44
相撲とミステリー
お待たせしました、と言っていいのかどうかわかりませんが、とりあえず「マイ・ティーチャーズ」の第2回めです。今日のティーチャーは「大相撲」を教えてくださる師匠。  本人も忘れていましたけど、私のデビュー作は『名探偵は千秋楽に謎を解く』という、相撲部屋を舞台にしたお話だったんですよ。といっても、お馬鹿な珍事件が続発して、いかにもの江戸っ子が騒ぎ回るというドタバタ・ミステリーなもので、褒めてくださる方もいる一方、ボロカスに言われたりもしましたね。まあ、それは余談。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/07 06:35
マイ・ティーチャーズ
またも始まった新シリーズ企画、「マイ・ティーチャーズ」。このシリーズは、各方面の、豊富な知識と見識を有する「私のお師匠さんたち」をご紹介し、愚生がどんな方々に常日頃薫陶を受けているかをご紹介していこう、という、たいへん文化の薫り高いものです。…なわけ、ないじゃん。仕事の合間やら終わり際やらに書くブログでまで、そんなにカタいもの書きたくないわい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/19 05:41

トップへ | みんなの「趣味」ブログ

(元)ミステリー作家T・A  あさっての日記 趣味のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる