(元)ミステリー作家T・A  あさっての日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 新年にあたってだらだらグチる

<<   作成日時 : 2017/01/01 00:55  

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

あけましておめでとうございます。

さて去年ですが、本が売れません…とあちこちで聞かされた一年でした(いきなりグチかよ)。

大手出版社で大御所を担当しているベテラン編集者は、「大御所先生の文庫が売れなくて弱ってます」とのたまい、ライトノベルの編集者は15年前の4割程度、とため息を吐き、自費出版を手がけている編集者も「自分史個人史ブームのピークは10年以上前に過ぎました」と遠くを見つめる。
物書きの友人と話したりメールをやりとりすると、必ず「売れない」という話になり、「なんであんなツマランものが売れていてワシの傑作が売れんのか!」と怒鳴られたり泣かれたり絡まれたり。

なにしろあの三島由紀夫でさえ「こどもは絶対に作家になってほしくない。綱渡りのような人生は味わってほしくない」と語っていたそうですから、もともと小説書きなんてものはヤクザなショーバイなわけで、娘が「結婚したい人ができた」と言ってきたとき、親が拒否反応を起こす代表例は男の職業が「作家・ミュージシャン・俳優」の場合だそうで、ましてそれに「志望」が付いているようなのは、もう人間扱いはしてもらえないと言いますな。
わかります。
ウチには娘はいないけど、もし姪っ子がその手の男を連れて来たら、全力でやめるように説得しますもんね。

出版不況の原因はいろいろ言われますが、大きいのはやはり娯楽が増えたことでしょうな。
最近は電車のなかで本を読んでいる人が、ほんとに少なくなりました。みんな、スマホを覗いている。
いやいや、Kindleとか電子本が増えているんですよ、と言う人も居るが、それはたぶん違います。
実用書はともかく、文芸・小説は電子版があまり売れていません。
少なくとも、私の経験だと、紙の本の1割程度ですね。
これがせめて3割くらいあると助かるんですが。

そもそも読書が趣味、楽しみだという人の割合は、若い世代ではかなり減っている気がします。
物語の需要はなくならないけれど、今はマンガもあるしアニメもあるしゲームもある。
私の年代ですと、本>>映画.>>マンガ>アニメ くらいの感覚でしたが、今のマンガやアニメはレベルが高い。ストーリー性でも人間のとらえ方でも、今や小説を凌駕するものも少なくない。
そう思えば、小説の地位が低下してくるのはやむをえないことなのでしょう。
とくにエンタメでは、そうだと思います。

まあ、そんな話はともかくとして。
今年はパソコンを買い換えて、Windows10にして、ついでにプリンタも新しくしましたが、PCメールのアドレスも新設しました。古いアドレスは古いパソコンに置いてあるので、そちらに来たメールは三日に一度くらい、まとめてチェックしています。
というのも、一日に届くセールスメールが多くなりすぎて、読むべきものを探すのが面倒になったからです。旅行とかしていて一週間くらい溜めると、とんでもないことになっています。
こうなってしまったら、もうメルアドを分散して処理するしかありませんな。
というわけで、ナニが言いたいかというと、「古いアドレスに届いたメールの返信は遅くなります。あしからず」という言い訳なのでありました。

あと、今年の抱負ですが、
ライトなジャン2冊、ふつう小説で2冊出すのが目標です。それぞれ1冊ずつはすでに送稿してあり、目下、いちばん力を入れている新作を進めています。
めでたく発刊ということになれば、あらためてお知らせいたします〈ライトなものはお知らせしませんが〉。

さっきまで紅白を見ていましたけど〈ときどきチラ見する程度ですが〉、大谷選手を呼んだのに、舞台に上げてちょいと165キロのタマを投げてもらうとかアトラクションしないんですねー。もったいない。
でも、捕れる人がいないか…
ガッキーも呼んでるのに、恋ダンスを踊らせないし。
でも大谷君と新垣結衣さんが隣り合わせに坐っていたので、これがきっかけで付き合い始めたらいいのになー、とか、思って見ていました。家人には「親戚のオジサンかよ」と笑われましたけど。

そーなんです。最近、いい娘を見かけると「この子、ウチのヨメにどうかなあ」と思うし、好青年を見ると「この青年に似合う娘さんはいなかったかな」と思ったりして、もう完全に『細雪』に出てくる「おせっかいなオバハン」状態になってるんですよね。やっぱりトシかなあ。もうじき年金もらえるもんなあ。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新年にあたってだらだらグチる (元)ミステリー作家T・A  あさっての日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる